CloudTweaks というサイトに掲載されていた記事の紹介です。 IDC Japan のレポート(探してみたのですがどれのことか良く分かりません)によると Cloud Computing サービスマーケットは2014年までに5倍に拡大するとのことです。 そして、これを米国の企業への警鐘としているところがあります。

  1. Japan’s Cloud Computing Services Market to Report Five-fold Growth by 2014

こういう記事が出ると、海外 Cloud Computing 関連ベンダ等の日本進出が加速されそうな気がします(輸出制限的なことをするよりマーケットを押さえる方向に動くと思われるため)。 しかしそういう話とは別次元で、Cloud Computing 自体いろいろなバリエーション(増えつつあります)がありますから、これから利用される方(特に企業の方でしょうか)は、誰かの話を聞く前に「(自社・自分の)どういう目的を実現するために、どんな使い方をすれば良いか」ということをまず自分でじっくり考える必要がありそうです。

About these ads