SOAモデリングについて

今月(2008年12月)開催されたOMG会議の結果概要がプレスリリースの形で出ています。OMG Advances Standards at Technical Meeting; Elects New Board Members in Santa Clara, Calif  です。そして、その中に注目のエントリがあります。それがUPMS Submission(UML Profile and Metamodel for Services)です。

この仕様はSOAモデルをUMLの拡張(プロファイル:ステレオタイプ等)で書けるようにするもので、そのためのメタモデルも含まれています。これまでいろいろな人がいろいろな方式でSOAモデルを書いており、それを読む立場の人は、まず書き方を理解するところから入っていました。それが、標準化の目処が立った、ということです。OASISのSOA参照モデルなども参考にしながら作成されており、またWeb Servicesのモデルにならないように配慮してあります。現段階はOMGの標準化プロセスではアルファ版という位置づけであり、見直しを経てベータ版、最終承認を得てOMG標準仕様、という先があります。UPMS改訂提案文書(仕様案)は上のプレスリリースに含まれるURLから入手出来ます。

UML Profileですので、既存UMLツール用にProfileデータを作成すれば直ぐに試す事ができますし、ツールベンダもきっとこのProfileを組み込んだバージョンアップをしてくると思います(保証は出来ないので「期待します」が正しい言い方かもしれません)。是非ともお手持ちのUMLツールでお試しあれ!

SOAモデリングについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中