本の紹介(2)

モデル駆動設計・開発、メタモデリング、ドメイン駆動設計・開発、DSLなどいろいろテーマにしていますが、これらを多少なりとも高い位置から全般的に把握できないものかと思っていました。そして見つけたのがOCLを設計したAnneke Kleppeさんのこの本です。

  1. Software Language Engineering: Creating Domain-specific Languages Using Metamodels

本タイトルでAmazonで調べてもらえば出てきます。メタモデルをベースにしてDSL言語の設計活動に関与する方に有用な内容です。DSLに関心のある方には、これまで読んだ前半だけでも十分役に立つ内容だと思います。

このような本を読んでいると、コンパイラの本や数学の本も調べたくなり、変なところにはまってしまいます。ちなみに、この本の出版については、以前紹介したSoftware Engineering Radioに彼女が出演したときのインタビューの中の一言から知りました。

本の紹介(2)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中