Eclipse Modeling Projectについて

先日検索エンジンを使って「eclipse + モデリング」を試してみました。ヒットしたのは日本語翻訳版のEMF本に関するものがほとんどだったと思います。調べた動機は、国内でeclipseを使ったモデリングやその後のコード生成などにどの程度関心が持たれているか、ちょっと気になったためです。

eclipseはご存知のIDEですが、当初より(OMGのMOFサブセットを実装した)EMFコンポーネントを含んでおり、オープンソースとなったことに驚いたものでした。さて本家eclipseにはEMF/GMFを始めモデリング関連のプロジェクトが多くあります。そのリストは次のURLにあります。

  1. Eclipse Modeling Project

eclipseのダウンロードにあたっても、Eclipse Modeling Toolsということで主なモデリングコンポーネント(プラグイン)をまとめたものが用意されています。上のリストにある個別のプロジェクトについてそのうち話題にするかもしれません。

商用モデリングツールというのは歴史的に高価なものが多いのですが、UMLに関してはリーズナブルな価格帯のツールも存在します。それでも、とりあえず試してみたい人にとってはオープンソースは有り難い存在であり、それもeclipseベースであれば文句ありません。但しそれはあくまで「試す」段階の話で、本気で使うなら別の観点からの配慮が必要かもしれません。それでも、発展途上にあるモデリングやMDD技術についてオープンソースで試せるのは有り難いことだと思います。MDDという意味では、モデリングが開始点だとしても、途中からソフトウェアの設計・開発作業になり、実行するためのプラットフォームも必要になります。各種の開発手法・ツール、プラットフォームとしてApacheなど利用させて貰う事が可能ですし、ひょっとするとそれをCloud上で実行(?)、というところまで視野に入ってきます。

eclipseに関連して、eclipse plugin centralというサイトも有ります。ここには商用を含め多くのプラグイン更新情報が掲載されており、モデリングやUMLという分類の下に興味深いものが見つかることがあります。

さて、書店に行って眺めていても、まだeclipse+モデリングという視点からの書籍(日本語の本という意味です)は余り見当たりません(EMF本くらい?)。そのうち関心を持つ人が増えて、そういった特集記事があちこちの雑誌に現れればと思っています。

ちなみにEMF本ですが、英語版はもう第2版になっています。

Eclipse Modeling Projectについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中