SOAモデリングについて(2)

これも以前のポスト関連です。SOAモデリングについてでUML Profile and Metamodel for ServicesというRFPのことを話題にしましたが、日本語版InfoQにその関連記事が掲載されています。

  1. OMG が SoaML のドラフトをリリース

この記事の「MicrosoftがSoaMLの提案メンバに入っていない」という指摘は確かにその通りですが、このRFPを作った段階、そして仕様案をまとめていた段階、いずれでもMicrosoftはOMGに未加入でしたので、「それは仕方無いでしょう」ですね。提案メンバに入っていないという事実が何らかの政治的メッセージを意味すると解釈されるなら、それはちょっと残念なことです。

この仕様案を私も昨年試作したことがあり、Profile自体は比較的簡単なものだということが分っています。しかしこれをどう使うかというのがポイントになると思います。まずはUMLツールに組み込まれる必要がありますが、現場で使い物になるまでには、分析や開発のプロセスの中のどこで何を適用するのか、BPMNで書いたビジネスプロセスとはどうつながるのか、SOA環境を提供する各種プラットフォーム(実装)にどう対応付けするのか、など試行錯誤が必要なステップを幾つか乗り越える必要がありそうです。

そうは言っても、大きな前進です。このProfileが活用されることを期待します(私ももう一度トライしてみます)。

SOAモデリングについて(2)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中