ソフトウェアアーキテクチャのモデル記述について

以前も触れたと思いますが、ソフトウェアアーキテクチャをWikipediaで引くと次のようなエントリが出てきます。

  1. Software architecture

ここで例としてあげられているアーキテクチャは、いわゆるエンタプライズアーキテクチャが中心で、他にRM-ODPとサービス指向モデリングが含まれています。さて、こういったアーキテクチャに基づく設計をしようとすると、そのアーキテクチャを適用したシステムモデルを書くことになります。この段階で、このブログの対象としているアーキテクチャとモデリングの間の関連付けが現れてきます。さて、どんな文書になるのでしょう?ドロー系のソフトやPowerPointを使っての単なるダイアグラムがまず考えられます。人によってはWordやExcelでダイアグラムを作成されることも有ります(かなりの技能が必要だと思います)。そしてUMLツールや専用ツールもあります。UMLツールの場合は、そのアーキテクチャ記述用のProfileやAdd-onなどが提供されていれば良いのですが、無ければ自作したり、例え高額になっても専用ツールを探すということになります。

エンタプライズアーキテクチャの場合、記法自体が標準化されていないため、いろいろなバリエーションが出てきます。少なくとも国ベースで記法の標準を定めて貰いたいし、出来れば国際標準にもして貰いたいくらいです。日本の場合には政府のイニシアティブがあり、

  1. 業務・システム最適化に関する全般的事項(PDF:257KB
  2. 業務・システム最適化企画指針(ガイドライン)(PDF:626KB
  3. 業務・システム最適化実施指針(ガイドライン)(PDF:473KB
  4. 業務・システム最適化実施の評価指針(ガイドライン)(PDF:328KB
  5. 業務・システム最適化指針(ガイドライン)(PDF:857KB

などとして公開されており、この中でも5番目のガイドラインが日本政府でのEA適用方法を具体的に書いています。これに関して、経済産業省のEAポータルにはVisioベースのツールが公開されており、またINTAPでも「日本版EA対応UML Profileに関する研究報告書」でそのUML Profileを独自規定し幾つかのUMLツール用のProfileデータを公開しています(リンク)。本家の米国FEAでも種々の活動が進められており、専用ツールのSystem Architect®や、幾つものUMLツールがDoDAFをProfileとしてサポートすることで利用されています。また方法論的なものとしてはOpenGroupのTOGAFが利用されています。

話題を政府系から他へ向けると、どうも決定版のものが見えきません。個別にアドホックで専用ツールを作成したり、やはりアドホックに近いUML Profileが使われているのかもしれないし、またはDSLが使われているのかもしれません。

まとめると、ベースとするソフトウェアアーキテクチャを決め、そのアーキテクチャに基づくシステム設計を行いそれを描画ツールやモデリングツールを使い文書化し、そういったものをベースに開発が行われているのだろうと想像できます。そうすると、名前のないアドホックツールやアドホックProfileを使い作成されたアーキテクチャ文書の運命はどうなるのでしょう。とりあえず開発に使われるでしょうが、仕様変更が多発すると徐々にメンテできなくなるのではないでしょうか。やはり、ここはシステム仕様(モデル)の貯蔵庫を作って保管し、モデルベースで仕事を進め、常時モデルのメンテも行わざるを得ない仕組みが必要になるのでしょう。

ソフトウェアアーキテクチャのモデル記述について

ソフトウェアアーキテクチャのモデル記述について」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中