TOGAF9について

Open Groupのエンタプライズアーキテクチャ実践者カンファレンス(Enterprise Architecture Practitioners Conference)というが現在San Diegoで開催されていて、そこでTOGAFの第9版が発表されたとのことです。

  1. The Open Group Announces General Availability of TOGAF(TM) Version 9

以前SOAのブログで紹介したDana Gartnerさんもその紹介を書いています。

  1. TOGAF 9: Take control of your IT architecture

TOGAF文書はOpen Groupのメンバでなくても90日の評価ライセンスでPDFファイルをダウンロードできます。しかし、(同じものかどうか分りませんが)オンライン閲覧も可能になっており、オンライン版は次のURLが入り口になっています。

  1. Welcome to TOGAF™ Version 9 — The Open Group Architecture Framework

「Using TOGAF to Define & Govern SOAs」という章でSOAをこの枠組みの中に取り込もう(少なくとも位置づけを説明しよう)としています。Cloudについても触れているとのことですが、まだどの章のどこのことか場所が特定できていません。

改善され完成度が上がったのだろうと思いますが、同時により大きな枠組みになっているはずです(何ページになったのでしょうか?)。全体像を把握するのは大変そうです。日本ではどんな反応が出るのでしょうか。楽しみです。

補足: 本件は欧米(特に米国)のメディアでかなり取り上げられ、注目を集めています。ひょっとすると(他に大きなニュースが無く)本日一番のITニュースだったのかもしれません。いろいろな見方がありますが、初お目見えのメタモデルにも関心が向けられています。

TOGAF9について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中