Cloud Computingとモデリングについて

Cloud Computingシリーズになってしまいました。 :)

現在モデリングやシステム開発は効率や管理面を考えてローカルマシンないしローカルサーバ上で行なわれていると思います。でも良く考えてみると、昔はメインフレーム上の行為だったと思います。その頃はタイムシェアリングシステムなどで、リモート端末から使っていました。これを現代風に焼き直すと、Cloud上にモデリング環境や開発環境のコア機能を置いて、クライアントのブラウザなどから利用するような形態が思い浮かびます(AjaxやSOAが活躍しそうです)。これが実現出来れば、最近話題の(ちょっと・かなり?力不足の)NetBookでもモデリングやシステム開発の業務(または趣味)が出来そうです!?

大体、最近のモデリング・開発環境のソフトウェアはそのサイズをみれば分るように肥大化していると思います。クライアント(PC)側とCloud上(サーバ側)にうまく機能分割し配置すれば(その境界を決めるのは容易でないかもしれません)、モデラーや開発者にとってもっと心地よく仕事が出来る環境が生まれそうな気がします。セキュリティやプロジェクト管理の問題などあって簡単なことではなさそうで、結果的に利用者がストレスを感じるような動作環境になってしまえば使えませんが。

このようなこと(特にモデリングやeclipse/netbeansなどのIDEsのこと:salesforce.comのような特殊なものではありません)既に誰かがどこかでやっているのでしょうか?

補足) モデリングではありませんが、Mozilla Labsから次のような発表がありました。クラウド用ソースコードエディタのアルファ版リリースです。

  1. Introducing Bespin
Cloud Computingとモデリングについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中