OMG Technical Meeting, March 2009について

OMGのホームページを見て頂くと分りますが、来月(3月)開催されるTechnical会議の情報が掲載されています。

内部でどんな方向に進もうとしているのかは会員でないと分りませんが、Special Event情報のところが目を引きます。キーワードとして

  1. BPM
  2. SOA
  3. Green Computing
  4. Cloud Computing Interoperability
  5. Semantic Technology

があげられており、以前の参加者の目からは(BPM・SOA・Semantic Technologyは以前から手がけているため)Cloud Computing Interoperabilityが新しい方向のように思えます(Green Computingについては中身次第ですが今のところ判断材料がありません)。OMGは以前から新しい分野については良くWorkshopを開催しており、それが最終的にOMGの標準化活動に取り込まれるケースもありました。標準化団体の間の取り決めのようなもので、競合する標準化は避ける、というのがあります。Cloud Computingの相互運用性については既に幾つかの団体がありますので、このワークショップは分散オブジェクトとモデリングの観点からOMGに何か出来ることがあるかを調べるのが目的のような気もします(個人的な感想)。以前から書いていますように、Cloud ComputingがSOAの発展形であるとすれば、OMGも分散オブジェクトというSOAの起源のひとつのテクノロジ保有者として何か活動が出来るかもしれないということだと思います。結果については会議後に出るプレスリリースに期待しましょう。このワークショップのアジェンダが公開されています。

  1. Strategies & Technologies for Cloud Computing Interoperability (SATCCI) Workshop 

それから、Special Event情報の中にBPM Consortiumという名前が見えます。これはBPM関連の標準化(例えばBPMN)を検討しているメンバがSOA Consortiumを見習って作った新コンソーシアムですが、まだまだ活動が盛り上がるところまでは行っていないようです。今後ある程度の数の会社がメンバとして揃えば要チェックになる可能性はあります。

最後に、このTechnical MeetingはワシントンDCでの開催のため、OMG/OMG技術部会及びOMG会員の米国政府の省庁との打ち合わせの場(政府の要件を聞かせて貰ったり、逆にOMG標準やそのノウハウを提供したり)的要素も少しあります。

OMG Technical Meeting, March 2009について

“MIT Unveils 90 MPH Solar Race Car”

週末ですので、息抜きを兼ねて本題からはずれたWIREDの記事の紹介です(これも自然エネルギー関連の話題です)。

  1. MIT Unveils 90 MPH Solar Race Car

日本でも多くの取り組みがあると思いますし、テレビでソーラーカーレースの話題を見たことがありますが、これはなかなか格好が良いです。ステルス機のような感じもします。90MPHというのは時速145kmくらいですね。

  1. ソーラーカー(日本語版Wikipedia)
  2. ワールド・ソーラー・チャレンジ(日本語版Wikipedia)

レースで優勝するソーラーカーは平均でも時速90km以上の速度を維持するようです。こうして培った技術が一般に利用できるようになるまで後何年かかるのでしょうか。期待して待ちたいですね。

“MIT Unveils 90 MPH Solar Race Car”

MashupとSOAについて

前回のポストではSOAとDDDそしてプロセスの関係について感想を書きましたが、今回はそこにMashupを追加したいと思います。

Mashupという言葉自体は中立的な言葉ですが、実際は個別に使えるサービス(Webサービス等)を簡単に組み合わせ意味のあることを実現するものだと思います。一例としてYahoo Pipesを取り上げます。これがデビューした時に幾つか作って遊んでみたのですが、例えば気になるRSS Feedの出力をフィルタにつなぎそれを出力するといった「ダイアグラムを使ったプログラミング」が出来ます。UnixのPipeにヒントを得たことは確かで、そういう背景を持つプログラマも多数参加しています。しかし同時に、まったくそういう背景を持たない一般ユーザも結構いるということです。何しろ簡単で役に立ちますから。

Pipesで出来ることを良く考えてみると、利用できる各種サービスと(Mashupの)制御構造の部品が提供されていてそれをワイヤリングするというものです。得たい情報を得ると言う目標(Business Objective)を達成するために、(意識するかどうかは別として)プロセスをユーザに定義させ、そのプロセスの中から「利用できる各種サービス」というサービスを使う、言い換えるとサービスを組み合わせてプロセスを実現する仕組みになります。このあたりが前ポストの話題に近いことが分ると思います。この各種サービスは当然SOAのサービスでも良い訳です。そして一般ユーザがサービスとして意識するのは主にビジネスサービスであり、これがDDDとの関連に近い点です。

しかし、こうして定義したユーザのPipeを新たなサービスとして別の利用者が使えるなら、それはサービスがプロセスで実現されている例にもなります。

ということで、鶏と卵の議論に近い話かもしれませんが、現在の流行り言葉(Mashup, SOA, DDD, BPM)の相互関係がPipesの例からも観察できると言えます。

MashupとSOAについて