OMG Technical Meeting, March 2009について

OMGのホームページを見て頂くと分りますが、来月(3月)開催されるTechnical会議の情報が掲載されています。

内部でどんな方向に進もうとしているのかは会員でないと分りませんが、Special Event情報のところが目を引きます。キーワードとして

  1. BPM
  2. SOA
  3. Green Computing
  4. Cloud Computing Interoperability
  5. Semantic Technology

があげられており、以前の参加者の目からは(BPM・SOA・Semantic Technologyは以前から手がけているため)Cloud Computing Interoperabilityが新しい方向のように思えます(Green Computingについては中身次第ですが今のところ判断材料がありません)。OMGは以前から新しい分野については良くWorkshopを開催しており、それが最終的にOMGの標準化活動に取り込まれるケースもありました。標準化団体の間の取り決めのようなもので、競合する標準化は避ける、というのがあります。Cloud Computingの相互運用性については既に幾つかの団体がありますので、このワークショップは分散オブジェクトとモデリングの観点からOMGに何か出来ることがあるかを調べるのが目的のような気もします(個人的な感想)。以前から書いていますように、Cloud ComputingがSOAの発展形であるとすれば、OMGも分散オブジェクトというSOAの起源のひとつのテクノロジ保有者として何か活動が出来るかもしれないということだと思います。結果については会議後に出るプレスリリースに期待しましょう。このワークショップのアジェンダが公開されています。

  1. Strategies & Technologies for Cloud Computing Interoperability (SATCCI) Workshop 

それから、Special Event情報の中にBPM Consortiumという名前が見えます。これはBPM関連の標準化(例えばBPMN)を検討しているメンバがSOA Consortiumを見習って作った新コンソーシアムですが、まだまだ活動が盛り上がるところまでは行っていないようです。今後ある程度の数の会社がメンバとして揃えば要チェックになる可能性はあります。

最後に、このTechnical MeetingはワシントンDCでの開催のため、OMG/OMG技術部会及びOMG会員の米国政府の省庁との打ち合わせの場(政府の要件を聞かせて貰ったり、逆にOMG標準やそのノウハウを提供したり)的要素も少しあります。

OMG Technical Meeting, March 2009について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中