eclipse conference 3rd Day

朝一番で大きな講演がありました。

  1. Building Applications for the Cloud with Amazon

前日にプレス発表したらしいのですが、AmazonのCloudサービスをeclipse環境から操作できるようにしたという話です。AmazonとAmazonのCloudサービスを使い成功している会社の人による講演でした。日本でも翌日にアットマーク・アイティで

  1. アマゾン、Eclipseプラグインを公開:Eclipse中でAmazon EC2向けJava開発が完結

という記事が出ていました。もちろんデモをして見せてくれました。「後で遊んでみよう」と多くの人(何しろ聴衆はほぼ全員開発者です)が思ったと思います。

さて、この日はモデリング系の話題が多少少なめでした。ご紹介するのは:

  1. Agile Modernization using Automated PIM Extraction from non-OO legacy systems
  2. The Unbearable Stupidity of Modeling
  3. Testing for GUI, Embedded Systems, Systems Engineering and Distributed Products

の三つです。

一件目は、スポンサー講演の一つでレガシー再生製品の概要やアーキテクチャ的な話でした。認識を新たにしたのは想像以上にきちんとOMGのKDM仕様を実装しているだけでなく、その前後も本格的にアーキテクチャ設計されていることでした。構造がしっかりしているからソフトウェアがきちんと動くと言う保証は無いのですが、次の時間帯ではHands-onが予定されていて実際に体験させるようでしたので自信があるのでしょう。

二件目は、EMFでおなじみのEd Merks氏が話をするという予定だったので楽しみにしていたのですが、残念ながら彼は今回参加できず、Peter Friese氏が代役を務めました。モデリングに対する批判を一つずつつぶしてゆくという趣向です。面白かったのは「モデリングはLearning Curveが急なため習得が大変」という点について、「Learning Curveが緩いということは時間をかけても少ししか上に行けないということで、急だということは効果絶大ということ」という言い方をして大うけしていたことです。見方を変えると別の見解が生まれるものです。

三件目は、Short Talksと言うらしいのですが、短めの講演が3件、一定の時間内に話を終わらせないといけないルールになっていました。中身は:

  1. Using models to ease the start-up phase of automated GUI testing
  2. An Integrated Test Environment for Systems Engineering
  3. Automatic Unit Testing Toolset for Embedded Systems
  4. MOTODEV Studio for Testing: A platform testing based on Eclipse

で、3件目は日本からの方によるものでした。設計部門が行うテストは少し経験がありますが、専門的な活動はしたことが無かったため、このように集中的に話を聞くのは初めてのことでした。ということで内容についてのコメントは出来ません(上のリンク先をご覧下さい)。ただ、日本からの方は、例の成田空港の事故のせいで到着し即講演だったとのことで、本当にお疲れ様でした。

eclipse conference 3rd Day

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中