The Enterprise Architect blogについて

モデリング関連の調べ事をしていると時々行き当たるブログサイトの紹介です。この方と面識はありませんが、モデリング関連でいつも深い内容が書かれています。お名前からしてオランダの方のようです。そういえば、オランダはFormal Specification Techniqueの研究などが盛んな国だという印象があります。

サイトは次の場所です。

  1. The Enterprise Architect

今回紹介したいのは

  1. 5 types of Model Driven Software Development

ですが、サイトの頭から見てゆくと興味深いポストが沢山並んでいます。

5種類のMDSDというのは

  1. Programming – the manual work
  2. Code generation – automation
  3. MDA – abstraction
  4. DSL – specializing
  5. MDE – from problem to solution

ということだそうです。プログラミング(手作業)、コード生成(自動化)、MDA(抽象化)、DSL(特殊化)、MDE(全部をカバー)ということで、MDEという言葉が全般に亘るソリューションを意味するということのようです。Engineeringという言葉は本来非常に広く使われますのでそう言っても良いのかもしれません。ただ、Drivenという言葉が強すぎるという意見もあり、好みの分かれる問題かもしれません。

こういうブログを書く人は普段どんな仕事をされているのか興味があります。

The Enterprise Architect blogについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中