BPMNをマスターしよう

BPMNに関する書籍も何冊か出ていると思いますが、良い勉強素材を並べてくれたブログポストがありました。

  1. Business Process Modeling Notation Mini-Learning Guide

中身は実際に訪問して読んでもらいたいのですが、目次的に書くと

  1. BPMN Organizations
  2. Getting Started
  3. Introduction to BPMN
  4. Roundtripping BPMN and BPEL

という区分でBPMNを勉強するのに役立ちそうな記事へのリンクと簡単な説明などが書かれています。

もちろんOMGから公開されている仕様や出版済みの本を読めば良いのですが(2.0はまだです)、実際にツール(eclipseのプロジェクトへのリンクが含まれています)を使って本や記事に掲載されているBPMNダイアグラムを描いてみると、個々の要素について納得の度合いが深くなるのではないでしょうか?

BPMNダイアグラムを描いてどんな良いことがあるかについてですが、

  1. ビジネスの目的(別途記述が必要)とビジネスプロセスとの対応付けに利用できること
  2. ビジネスプロセスを目に見える形で提示することで関係者間でコミュニケーションを可能にし(レビューにより)ビジネスプロセスの品質を向上できること
  3. システム化の範囲を決める素材となること
  4. モデルを処理可能なXML文書として表現できること
  5. 詳細化してサービスやコンポーネントを持ち込む対象に出来ること

などいろいろあると思います。また「BPMN自体はプラットフォーム非依存」という事実も、今後の展開を考えたときに有利な点ではないでしょうか。

BPMNをマスターしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中