Web 2.0的情報収集?

Web 2.0を語れる資格があるとは思っていませんが、最近幾つか新しい情報の集め方を試しています。有名なものばかりですが、名前を知っているというのと、実際に使ってみるのは別の話だということを改めて認識しています。

ひとつはTwitterで、フォローしたい人が決まれば、かなり効果的です。問題は誰をフォローするかですが、これはキーワード検索などを使って見極める必要があります。感覚的にですが、「Twitter > RSS etc. > 一般のニュースサイト」くらいTwitterの情報(ニュース等)伝達速度が速いように思います。

もうひとつはSlideShareで、各種イベントの講演資料をここに掲載する人が増えているように思います。ここでもキーワード検索が有効です。

きっと他にもあると思います。 面白い手法などご存知の方のコメントをお待ちしています。

ところで情報収集は米国ではマーケティング活動に分類されています。皆さんのところでもマーケティング部門が担当されているのでしょうか?

Web 2.0的情報収集?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中