Graphical modeling vs textual modeling

最近のDSL開発ではグラフィカルなモデリングからテキストベースのモデリングへのシフトがあるように見えます。これはあるべき動きなのかという点が気になっています。

昨日OMGのSoley会長とお話する機会があったので質問してみたところ、(もちろん立場もあるとは思いますが)モデル主導の開発でもGoサインを出すのはExecutive的立場の人のはずであり、そういう人に説得力があるのがどちらだろうかと切り返されてしまいました。UMLとUML ProfileそしてMetamodelの標準化を続けているOMGですから当然の回答ではありました。また、eclipse系のモデリングはどうしてもecoreモデル、つまりEssential MOF(本来のMOFのサブセット)に基づくことになるため、たとえばOMGでモデリングを極めている人たちにとっては力不足とみなされる可能性がある(フル機能のMOFを使いたいと言われてしまう)という指摘もありました。

ただ、3月に参加したeclipse conferenceを思い起こすと、やはりそれなりの盛り上がりはありますし、Oslo M言語も力を入れて開発されていますので、誰が使うのかという観点から(灰色決着ですが)両方ありのような気がします。やはりビジネスとITの間には大きな溝があるのかもしれません。

Graphical modeling vs textual modeling

Forrester Research survey on SOAについて

本年1月にSOAは死んだというブログポストの話題を紹介しましたが、この話は今でも繰り返しあちこちで議論されているようです。そのような中で

  1. SOA Is Far From Dead — But It Should Be Buried

というサーベイレポートがForresterから出たこととその中身について簡単に紹介する記事がありました。

  1. Forrester: Only one percent have negative experience with SOA

SOAという言葉を使おうが使うまいが、現場ではサービス指向システム開発が進んでおり良い効果を出してケースが多くあるということです。予想されていたことですが、サーベイにより裏が取られたと言えます。

SOAモデリング標準もできた訳ですから、今後は当り前の技術(アーキテクチャパターン)として使えるところでは使うというのが正しい態度のようなのでしょう。

Forrester Research survey on SOAについて