eclipse Galileoについて(2)

前に書きましたeclipse Galileoが正式にリリースされました。下がそのプレスリリースです。

  1. Eclipse Galileo Release Now Available

今回の特徴をリリース文書から引用すると、エンタプライズシステムでの利用を推進する方向での拡張、モデリングの拡張、ランタイム技術の拡張、という三つの分野に分類できるそうです。

  • 1) Expanding adoption of Eclipse in the enterprise
  • 2) innovation of Eclipse modeling technology
  • 3) advancement of EclipseRT runtime technology

当ブログとしては「モデリングの拡張」の中身が気になりますが、Textual DSLのXtextとConnected Data Objects (CDO) と呼ばれる分散型EMFの導入となっています。Xtextはかなり使えると思いますが、日本で受けるかどうか・需要があるかどうか、は別の問題です。多分今後OsloのM言語と比較されるようになると思います。CDOについては私も勉強不足ですが、推進者をみるとEMF本流の人達のようですので、実はEMF本体の(継続的)拡張の一つと呼んだ方が良いのかもしれません。

モデリング以外に目を向けると、Macのサポート(実際にeclipse conferenceでは多数のMacユーザが講演・発表者側にいました)、メモリアナライザ、PHP開発環境、 Mylyn WikiTextサポート、新たなXSLツール、 Business Intelligence Reporting Tools (BIRT) の改良、 EquinoxのOSGi Release 4, v 4.2対応版、プラグイン開発関連、など各種あります。

以上、勝手なそして大雑把な紹介でした。

eclipse Galileoについて(2)

TOGAF 9用eclipse plug-inについて

The Open GroupのTOGAF 9について何度か触れたことがありますが、Eclipse Process Framework (EPF) 向けの plug-in が公開されたとの事です。以下が、Dana Gardnerさんによる記事と、plug-in のURL(記事にあるURLは直接ここをポイントしていません)です。

  1. Eclipse plug-in puts TOGAF 9 into IDE collaboration mode for architects
  2. Introduction to the TOGAF 9 Method Plugin for EPF Composer

Enterprise Architecture 特に TOGAF にご関心のある方は是非試してみて下さい。

補足) OMGのモデリング標準群とTOGAF/ADMを調整・統合できないか検討をしていたグループが、TOGAFをSPEM(ソフトウェア・プロセス・エンジニアリングのメタモデル)に対応付けて検討をしていましたので、今回のEPFへのPlug-inというのは当然の帰結かもしれません。

TOGAF 9用eclipse plug-inについて

MSDNアーキテクチャジャーナルについて

MSDNのアーキテクチャジャーナルで分散コンピューティングを特集しています。

  1. MSDN アーキテクチャ ジャーナル – 第 17 号 : 分散コンピューティング

カバーしている範囲については意見がありそうですが、興味深い切り口も含まれており、参考になると思います。

MSDNアーキテクチャジャーナルについて

本の紹介(7)

まだ読んでいない本を紹介するのはどうかと思いますが、敢えてやってみます。

  1. BPMN Method and Style: A levels-based methodology for BPM process modeling and improvement using BPMN 2.0

上のリンク先は米国のAmazonのサイトです。その理由は推薦文です。以前紹介したことのある Business Process Trends の Paul Harmon さんが推薦しているというのが理由です。これまであったBPMN仕様の解説を超えた内容になっているということです。

最近OMGでもPodcastを公開するようなことを始めていますので、そのうちBPMN2.0関係で外部向けに何か出してくれるかもしれません。期待したいと思います。

本の紹介(7)

eclipse Galileoについて

次のURLをみて貰うと書いてありますが、eclipseの2009年のリリースが6月24日に予定されています。

  1. Galileo Release

今回は33のプロジェクトが含まれるということです(数えるともう少しありそうです)。 モデリング関連は

  1. Eclipse Modeling Framework (EMF)
  2. GEF – Graphical Editor Framework
  3. Graphical Modeling Framework
  4. Model To Text (M2T)
  5. Model-to-Model Transformation (M2M)
  6. SCA Tools
  7. Textual Modeling Framework

などになります。 ここに掲載されていないプロジェクトもそれぞれ進化していますので、時々確認のためにそれぞれのプロジェクトページなどを訪問するくせをつけた方が良さそうです。 個人的には統合されたeclipse modeling環境がどうなるのか関心があります。

なお、これまでと同じ名前でもバージョンが上がっていますので、またユーザ側で慣れるための時間が必要になるのでしょう。

eclipse Galileoについて

BPMN 2.0について

6月22日から26日にOMG TC会議が開催され、そこでBPMN 2.0仕様がアルファ版として承認されそうに見えます。 ひょっとするともう1回後(9月)までかかるかもしれませんが、随分長期間検討されてきたので、もう固まっても良い時期だと思っています。

紹介していなかったと思いますが、しばらく前(5月です)に次のようなブログポストがありました。

  1. An Insider’s View of BPMN 2.0

まだいろいろもめているような印象もありますが、そろそろ潮時だと思います。 今月末のOMG会議結果を見守りたいと思います。

BPMN 2.0について

Sessions at Google I/Oについて

Google I/Oイベントの各セションのビデオデータが公開されています(まだ埋まっていない部分もありますが)。

  1. Sessions at Google I/O

カテゴリーとしては

  1. App Engine
  2. Enterprise
  3. Google Web Toolkit
  4. Tech Talks
  5. Wave
  6. Mobile
  7. Client

    となっており、

    1. AJAX + Data APIs
    2. Social

      が今後追加予定とのことです。

      各々時間的にはちょっと長めですが、興味深い話題が多くあります。

      Sessions at Google I/Oについて

      BPMN in the cloudについて

      以前次のようなポストをしましたが

      1. BPM BlueWorksについて

      その元のポストを書いた方が次のような新たなポストを書いています。

      1. More BPMN in the Cloud – Signavio

      この話に関連して、前に見つけていたのですが、Google Code に

      1. oryx-editor

      というのがあり、ここでも利用されているような気がします(確信がある訳ではありませんが)。ドイツの方では

      1. BPMN Community

      というサイトがこのoryx-editorを使っているということです。

      ということで、以前なら高価なツールが無いとBPMNの世界を体験出来なかったのが、eclipseツールや今回のようなクラウドにありブラウザ内で使えるものが出現したことで、より多くの人が利用出来るようになってきています。これからはツールの話題ではなく、中身(BPMNで書いたBPMモデル)の向上/整理/共有/活用などに関心がシフトしていって貰いたいと思います。

      BPMN in the cloudについて

      BPTrendsについて(2)

      以前も紹介しましたが BPTrends というサイトがあります。現在6月号(と言うのでしょうか?)が出ており、次のような記事があります。タイトルだけ幾つか引用します。

      1. Extreme Competition: Cloud Oriented Business Architecture
      2. MDA Journal: XBRL and Semantic Interoperability
      3. A Practitioner’s Perspective: Boxes, Lines, Widgets and Words—Managing Detail and Perspective in Models
      4. On the Maturity of Open Source BPM Systems

      やはりもう「Cloud Oriented Business Architecture」というような言葉を使う人が出ています。関心のある方は原文をご覧ください。また、三つめに挙げたものは、Googleイメージ検索についての前のポストと多少関連ありです。そして、最後の記事は結構詳細な内容を含んでいます。

      BPTrendsについて(2)

      Googleのイメージ検索について

      Googleの検索機能の一つにイメージ検索というものがあります。

      1. http://images.google.co.jp/
      2. http://images.google.com/

      これを使って、例えば「ソフトウェアアーキテクチャ(software architecture)」とか「モデル駆動」(model driven)など検索すると、参考になりそうな図がいろいろ表示されます。表現方法などプレゼン作成時他で利用できそうです(そのままのコピーはいけませんが)。検索の言葉を変えて試してみて下さい。

      幾つもの事例を見ていると、目に見えないものの代表ともいえる「ソフトウェアアーキテクチャ」はやはり「ボックスとライン・箱と線・Nodes and links」で表現するのが分かりやすいということのようです(箱には、長方形・3次元図・円・楕円など幾つもバリエーションがあります)。

      Googleのイメージ検索について