ロッシェル・カップさんの本について

週末ですので(久々に?)ノンカテゴリーの話題です。

もう10年も昔のことになりますが米国に3年程赴任していたことがあります。オフィスではやはり米国人スタッフ・エンジニアが多数仕事をしている訳で、そのうち何か違うなと感じるようになりました。そんな時に、確かFrontlineという名前だったと思いますが、面白いWebサイト兼フリーペーパをみつけ、そこに記事を掲載していたロシェル・カップさんという方のことを知りました。当時の掲載記事(本当に面白く(というより)ためになりました)は書籍となり「反省しないアメリカ人をあつかう方法」という名前で出版されました。Amazonで調べてみると改訂版となって再度出版されているようです。帰任後に大学の同級生が米国に赴任すると聞いて当時の本を餞別代りに渡したこともあります。なお、別に頼まれて宣伝している訳ではありません。

この方の記事や書籍は日米の文化の違いに鋭い目を向け日本人に分かりやすく解説してくれます。海外(特に米国)関連の仕事をされる方・今後されようとしている方には本当にお薦め出来ます。是非Amazonの検索で著者名(「ロッシェル・カップ」)を使って試してみてください。20冊くらいはヒットします。

ところで10年前に私の上司だった方が現在もまだ米国在住なのですが、この方もやはり彼女が書いた内容を随分気に入られていたのですが、何かのきっかけで直接ご本人と会うことがあったとのことでその後現地オフィスで講演会までして貰ったと聞きました(現地日本人スタッフに大受けだった様です)。

この話は、モデリングやソフトウェアアーキテクチャとは全く無関係ですが、やはり何をするにも「人」と「文化」という要素は入ってきます。特に米国の方と仕事される方にはロシェル・カップさんの本は非常に役立つと思います(欧州だと少し話が違うかもしれませんし、アジアや中東は全く別だと思います(別の情報源・本を探してください))。

ロッシェル・カップさんの本について

ロッシェル・カップさんの本について」への2件のフィードバック

  1. このポストを今偶然で見つけました。とても光栄です。私の本を推薦してくださって、本当にどうもありがとうございます。私の本が少しでも役立ったら嬉しいです。ロッシェル・カップ

    1. rmodp より:

      ご本人からコメントを頂き、私の方こそ本当に光栄です。 当時は目からうろこが落ちるような内容が多くとても勉強になりました。 どうも有り難うございました。 もし新しい本を執筆されているなら是非お知らせください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中