Putting Government Data onlineについて

W3CのTim Berners-Lee卿がDesignIssueとしてGovDataというページを公開されています。

  1. Putting Government Data online

政府の管理するデータを公開することで透明性を提供するだけでなく、情報提供で世界に貢献し、そのデータを活用することでより良い国家・政府を目指すということだそうです。もちろん技術的にはいろいろ問題もあると思いますが、どうもこのような流れがあるようです。

また、多少技術面の方向が違いますがTim O’reilly氏も次のようなスライドを公開しています(このデータの周りに関連するものがいろいろあります)。

  1. Government As Platform

これら以外にも幾つか目につくものがあります。我々としても関心を持つべき動きだと思います。

Putting Government Data onlineについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中