18 Emerging Topics at the Intersection of Business and IT in 2009について

ebizQにあるDion HinchcliffeさんのNext-Generation Enterprisesというブログエリアに、2009年ビジネスとITの境界領域向けトピックスといったタイトルの記事が掲載されていました。

  1. 18 Emerging Topics at the Intersection of Business and IT in 2009

確かに現在話題になっていてエンタプライズシステムで利用可能な技術マップの一つになりそうです。興味深いのはこの18種類のトピックスについてカテゴリー分けしてる点で

  1. cutting edge (最先端)
  2. early adoption (先行採用者がいる段階)
  3. 2nd try (再度のチャレンジ?)

ということでチャートが色分けされています。例えばSOAやBPMは2nd tryで先日ご紹介した新EA: emergent architectureがcutting edgeだそうです。現在の日本の常識とは違うかもしれませんが、数年後(来年?)には常識になっている話題かもしれません。もちろん先端技術なら良いという訳ではなく、先端技術他の中で現在のシステムに取り入れると良さそうなものに目をつけておいていつかうまく利用することを考えましょう、ということです。

18 Emerging Topics at the Intersection of Business and IT in 2009について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中