From Process Design to Process Automationについて

時々ご紹介する Johan den Haan さんのブログ紹介です。 今回はBPM関連です。

  1. From Process Design to Process Automation

ソフトウェア工学はビジネス工学に進化して行く必要があるという主張のプレゼンをされたようです。 それに伴いインフラやツールも上位(ビジネス)概念をサポートするように進化するのでしょう。 確かに、IT業界で変わらないことは進化(変化?)し続けるということなのでしょう。

From Process Design to Process Automationについて

Methods & Toolsについて

Methods & ToolsというのはWebサイトの名前で、次のような自己紹介をしています。

  • “Methods & Tools is a free global software development magazine with practical knowledge, information and resources on software development and software engineering: UML, Agile (eXtreme Programming XP, Scrum, Test Driven TDD), Software Testing, Configuration Management, Databases, RUP, Software Project Management, Programming (Java, .NET, Ruby on Rails, Ajax), Software Analysis and Design, Quality Assurance, Software Process Improvement (CMMI), Software Development Tools, User Interface, Risk, etc.”

URLは次の通りです。

  1. Methods & Tools

ソフトウェア工学関係の方は多分ご存じのサイトだと思います。 ここではフリージャーナルのようなものを発行しており、本年秋号が出たところのようです。

  • “Fall 2009 PDF issue: Mature Scrum, Automated Testing, Spring Framework, Learning View, Executable UML”

リンクはホームページに掲載されていますので、興味のある方はそちらからPDFにアクセスして下さい。 他もそうですが、例えばExecutable UMLの記事は参考になりそうです。

Methods & Toolsについて

Event driven BPMについて

「イベント駆動BPM」 という言葉があるようです。 前回のポストに引き続き Paul Vincent さんのブログを引用します。

  1. EPTS5-2: Panel on Event-driven Business Process Management

BPM(N), CEP, BPEL engineなどがほぼ独立した活動として進められていますが、これらを少し高所から眺め、edBPMという言葉で再整理できないかということのようです。 この分野に関連する標準も多くあるため全部をカバーするのは困難だと思いますが、整理がある程度でもうまく行けば次世代のBPMないし次世代のCEPなどにつながる活動かもしれません。 歩みは遅いかもしれませんが、徐々にこの方向に向かっているような気がします。 なお、上のURLのページの下の方にオリジナルのスライドへのリンクもあります。

Event driven BPMについて