Model Interoperabilityについて

地味な話題なのですが・・・

UMLモデルのツール間での相互利用についてはXMI仕様があるのですが、現実にはなかなか期待通りの利用が出来ない(実装に差異がありツール間のデータの受け渡しがうまく行かない)という問題が有り、OMGでもこれまで何度も取り組みを続けてきました。 そのような状況の元、今度次のようなイベントがあるという発表がありました。

  1. OMG’s Model Interchange Working Group to Host Interoperability Demonstration

各種UMLツール間で、UML、SysML、Unified Profile for DoDAF and MODAF (UPDM) について相互利用が可能になったことのデモを実施するそうです。

これを良い機会に今後ツール間の相互運用性が高まることを期待しましょう。

Model Interoperabilityについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中