Best Practices for DSLs and Model-Driven Developmentについて

Markus Voelter さんが Journal of Object Technology に書かれた記事(論文)です。

  1. Best Practices for DSLs and Model-Driven Development

DSL を用いたシステム開発に関しての経験に基づく「ベストプラクティス」が書かれています。 DSL を用いたシステム開発に関心のある方には是非読んで頂きたい内容です。 この中にビューポイントについての記述もあり、(長年ビューポイントを使った標準に関与してきた人間にとっても)その通りと思える内容です。

10月19日の本ブログ記事の「ドメインスペシフィックモデリングのワーストプラクティスについて」と対比すると面白く読めると思います。

ところで Markus Voelter さんは当ブログにポインタ(ページ右側)を置いているSoftware Engineering (SE) Radio の主催者です。

Best Practices for DSLs and Model-Driven Developmentについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中