RM-ODPに関する書籍について

RM-ODPは分散処理システム記述のための参照モデル(最近の言葉でいうとメタモデル)標準です。 余り知られていないのは適当な入門用の解説本がなかったことも理由かと思っていました。 そこでこの標準化に携わった数名で入門用の本を書こうという話が浮かんできました。 RM-ODP for Dummies という感じの本で200ページ少々のものを目指しています。 海外のメンバが多いので最初は英語版になります。 かなり先のことになると思いますが、めどが立てば改めてポストを書かせて頂きます。

なお、既存のRM-ODP本でお薦めできるのは次のものです。

  1. Architecting with RM-ODP
RM-ODPに関する書籍について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中