OMG’s Model Interchange Working Groupについて

UMLツールは沢山ありますが、なかなか相互運用が出来ないという現実があってOMGでModel Interchange Working GroupというWGが活動をしています。 12月にはデモを予定しているようです。

  1. OMG’s Model Interchange Working Group Hosts Interoperability Demonstration

このようなプレスリリースでは通常なかなかその実態が分からないのですが、リリース文の中にModel Interchange WikiというWGの活動の場へのリンクが含まれていました。

  1. Model Interchange Wiki

こちらを見ると、参加しているメンバや実際に相互運用を確認するためのデータ(UMLモデル)を見ることが出来ます。 本当にこれだけやってくれれば相互運用性の問題はかなり解決しそうな気がします。 期待して待ちましょう。

OMG’s Model Interchange Working Groupについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中