Software Development on the cloudについて

従来のソフトウェア開発は、開発マシンを用意し、その上で開発を行い、実行用マシンにDeployしますが、Cloud Computingの時代に入っても変わらないのでしょうか? 以前から eclipse などの IDE をクラウド上のサービスで提供される日が来るのを待っていたのですが、次のようなサービスの存在を知り、更にその期待がふくらんでいるところです。

  1. Online Development Studio – CodeRun
  2. — URL訂正しました。失礼しました。 —

これ以外にも、多くの利用実績があるSalesforce社のForce.comもサーバ上にある開発環境をブラウザ経由で提供するため同じカテゴリーに入ると思います。

  1. Force.com (Japan)

もちろんPrivate Cloud/Internal Cloudだけを考えると上のような形態は利用出来ないでしょうが、Public Cloud/External Cloudの活用に主眼を置けば上のような形態はかなりアピールすると思います。

このブログの主題からは、単なるIDEではなくモデリング環境も含めた開発環境を期待します。 その上でWebベースのBPMNツールなどとも組み合わせることが出来れば嬉しいところです。 例えば

  1. The Oryx Editor

などのことです。

ということで、Cloud Computing という実行環境の変化に対しては、開発環境側も追随して変化(進化)すべきだと感じているこのごろです。

広告
Software Development on the cloudについて

Software Development on the cloudについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中