Software Development on the cloudについて

従来のソフトウェア開発は、開発マシンを用意し、その上で開発を行い、実行用マシンにDeployしますが、Cloud Computingの時代に入っても変わらないのでしょうか? 以前から eclipse などの IDE をクラウド上のサービスで提供される日が来るのを待っていたのですが、次のようなサービスの存在を知り、更にその期待がふくらんでいるところです。

  1. Online Development Studio – CodeRun
  2. — URL訂正しました。失礼しました。 —

これ以外にも、多くの利用実績があるSalesforce社のForce.comもサーバ上にある開発環境をブラウザ経由で提供するため同じカテゴリーに入ると思います。

  1. Force.com (Japan)

もちろんPrivate Cloud/Internal Cloudだけを考えると上のような形態は利用出来ないでしょうが、Public Cloud/External Cloudの活用に主眼を置けば上のような形態はかなりアピールすると思います。

このブログの主題からは、単なるIDEではなくモデリング環境も含めた開発環境を期待します。 その上でWebベースのBPMNツールなどとも組み合わせることが出来れば嬉しいところです。 例えば

  1. The Oryx Editor

などのことです。

ということで、Cloud Computing という実行環境の変化に対しては、開発環境側も追随して変化(進化)すべきだと感じているこのごろです。

Software Development on the cloudについて

Software Development on the cloudについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中