The Two Solitudesについて

eclipse foundationのMike Milinkovichさんのブログポストで興味深いものがありました。当ブログでも以前どうして欧州でモデリングが盛んなのかという点について感想を書いたことがありますが、このブログポストでは(eclipseでの活動を通して観察した)欧州と米国(特にCalifornia)のソフトウェア開発への取り組み方の違いについて書かれています。

  1. Life at Eclipse: The Two Solitudes

簡単に言うと、欧州では大規模システムの部分構成要素としてソフトウェア(開発)を捉えることが多いのに対し、米国(西海岸)ではWeb中心の捉え方が多いということのようです。

日本はどう位置づけるのか興味があります。 どちらかに近いのでしょうか?

The Two Solitudesについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中