Report: SOA, cloud, virtualization transforming federal governmentについて

ZDNetにあるJoe McKendrickさんの記事ですが、米国の連邦政府がこれから力を入れる(予算を割り当てる)IT分野についてのレポートについてです。

  1. Report: SOA, cloud, virtualization transforming federal government

記事のタイトルにあるSOA, Cloud Computing, Virtualizationの他にOpen SourceとGeospatialが挙げられているようです。 米国の連邦政府のIT予算にこのような動きがあれば、そのうち海を渡って(空を超えて?)日本にも来るのでしょうが、事業仕分けの壁がたちはだかることになるのでしょうか? それはともかく、政府系ITシステムが変わってゆくとそれらと接続する必要のあるシステムも変わる必要が出てくることもありそうです。 オープンソースでSOAないしCloudというのは(少し先のことかもしれませんが)見通しが明るそうです。

備考) 国内の動きとしてもCodeZineで次のような記事を目にしました。 政府の活動ではありませんが。

  1. 日本初の政府・自治体向けカンファレンス「OSC.Government(仮称)」開催
Report: SOA, cloud, virtualization transforming federal governmentについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中