Executable UML and SysMLプレゼンテーションについて

OMGでのモデリング関連活動で大活躍されている(そして最近では物理学分野の論文も書かれている)Ed Seidewitzさんがごく最近開催されたWorkshopで行ったというExecutable UML and SysMLというタイトルのプレゼンテーションがSlideshareで公開されています。

  1. Executable UML and SysML

Executable UMLを中心としてこれまで検討・開発されてきたことの現時点でのスナップショットと言えるような内容で、今後のUMLの方向性の一つをかなり具体的な形で示していると思います。 本ブログをご覧頂く方のうち主にモデリングにご関心をもたれる方には是非ご覧頂きたいと思います。

Executable UML and SysMLプレゼンテーションについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中