Having Ideas Versus Having a Visionについて

少し毛色の違った話題です。 Harvard Business ReviewのサイトでみかけたRoberto Vergantiさんの記事です。

  1. Having Ideas Versus Having a Vision

アイデアを生み出すためのテクニックも広く知られるようになり、これからはビジョンを構築できることの意義の方が大きくなってゆく(というかCompetitionがそちらに移行してゆく)ということのようです。 特に「多数生み出されるアイデアに基づいて」というところが従来との相違点ということのようです。 古くて(昔からあって)新しい話のような気がします。

Having Ideas Versus Having a Visionについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中