Meta Programming Systemについて(2)

InfoQの記事の紹介です。

  1. JetBrains MPS 1.1: Performance Improvements and Easier Debugging

最初にこのツールの紹介をしたとき、「ちょっとマニアックな話題かもしれませんが」という書き出しで始めました。 まだまだこのカテゴリーに属する話題かもしれませんが、前のポストで書いたように Xtext が脚光を浴びようとしているタイミングで、対抗するTextual DSLの商用ツールであるMPSの記事が出たことは、少しこちらへの流れが出てきたのかなと思わせるものです。

このようなツールは、実際に使ってみるか誰かに使い方を解説して貰うようなことをしないと、分かりにくいところがあります。 しかし効果が期待できるものでもあり、Microsoft社のM言語なども含め、グラフィカルだけでないモデリングの世界に関心を持つ人が増えることを期待します。 なお、グラフィカルなモデリングツールが効果的であることに異を唱える訳ではありません。 ツールもタイミング・規模・適用分野など場面に応じて適材適所で使い分ける必要があると思います。

Meta Programming Systemについて(2)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中