eclipsecon 2010について(2)

私同様 eclipsecon 2010 に参加できなかった方へ(参加された方にも):

講演資料(スライド)が公開されているものもありますが、それをテーブル形式のプログラムから一つ一つ探すのは大変です。 次の見方 でまとめて確認することが出来ます。 本体はほとんど SlideShare にあると思います。

  1. eclipsecon 2010 公開スライド資料

ご覧になりたかったものが含まれていれば良いのですが。

eclipsecon 2010について(2)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中