Enterprise Java on Cloudsについて

先日 VMforce™ の発表がありましたが、Javaを使いエンタプライズシステムを構築している場合のCloudへの移行オプションが増えたことになります。 日本語でこれを解説したブログポストの一つも引用させて貰います。

  1. Salesforce.com and VMware Form Strategic Alliance to Launch VMforce™, the World’s First Enterprise Java Cloud
  2. Javaをクラウドに乗せる「VMforce」、セールスフォースとVMwareが共同提供

元々JavaベースのシステムをCloudに移行させるにはAmazon(AWS)社のサービスを使うという定番があり、またSpring FrameworkもCloud Foundryという選択肢がありました。 更にGoogle社のGAE/Jという選択肢もありました。 これ以外にもJavaが使えるCloudサービスプロバイダがあったと思います。 利用者の観点から今回の発表がこれらとどう違うのか考えてみると、(多分ですが)DBの違いもそうですがForce.com環境で利用出来るアプリケーションを利用できるようになる点にあるのではないでしょうか(実際どれだけのインタフェースが公開されるのか今後の発表を待たないと分かりませんし、GUI要素の扱いなどうまくできるのかという疑問もあります)。 ひょっとすると逆方向も(アプリケーションがきちんと振る舞えば)そのうち可能になるのかもしれません。 さて、稼働中のレガシーシステムを持っていて、それをCloudに移行したい、と考えるのはどんな理由がありそうかという点ですが、相変わらず存在するセキュリティやレギュレーション面の課題を横に置くと、やはり経済的な理由が大きそうです。

今度はIDEという観点でみると上にあげたものは殆どeclipseベースの開発環境を持っています。 eclipseの利点の一つはplug-inシステムであるという点です。 従って上記各環境用のeclipseベースIDEに更に別のplug-inを組み合わせることが出来ます。 本ブログのテーマの一つであるモデリング系の機能をうまく組み合わせればもっと楽でアジャイルなクラウド用開発環境が出来るかもしれません。 Springが使えれればGroovy/Grailsも使えるはずですが、実際に何が出来て何が出来ないのかという点については具体的なアナウンスを待った方が良いと思います。

Enterprise Java on Cloudsについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中