Multi-tenancy and Model Driven Engineering, necessary assets of a Platform-as-a-Serviceについて

Mendix社のJohan den Haanさんのブログポストからです。

  1. Multi-tenancy and Model Driven Engineering, necessary assets of a Platform-as-a-Service

マルチテナント方式とMDEの組み合わせがPAASを使うソリューションに向いていると言う話です。 Mendix社もこの分野のプロダクトを出している模様ですから多少割り引いて読んで構わないかもしれません。 反論もあるとは思いますが、個人的にはですが方向としては多分そうだろうな(そうなってほしいな)という気がしています。

Multi-tenancy and Model Driven Engineering, necessary assets of a Platform-as-a-Serviceについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中