“Cloud Presents Significant Problems”について

ebizQの記事でCloud Computingに批判的なレポートについて述べたものがありました。

  1. Cutter Consortium believes: “Cloud Presents Significant Problems”

Cutter Consortiumと契約している訳ではありませんので詳しいことは分かりませんが、ここに書かれているよなレポートが出ているようです。 2010年はこういったCloud Computingの裏の面が出てくる年になるだろうという予言もどこかにありましたが、どうもそうなりそうな気がします。 結局バラ色の未来を語っても直視すべき現実もあり、バランスを考えたうえで次の一歩を選択することなるのでしょう。 これについてはCloud Computingもこれまでの技術と何ら変わることが無いというでしょう。

補足)上のレポートを書いたご本人からの反論が同ページにコメントとして掲載されています。 是非ご覧の上考えてみましょう。

“Cloud Presents Significant Problems”について

Enterprise-architecture on purposeについて

Tom Gravesさんのブログポストで、4月にあったTOGのConferenceで話をされた内容に関するものです。 Jean BezivinさんがRTされていたので知りました。

  1. Enterprise-architecture on purpose

Enterprise Architectureに関連してビジネスとIT融合まわりのスライドでしたのでご紹介します。

Enterprise-architecture on purposeについて