XML Pipeline Languageについて

たまたまですが、W3Cの次のアナウンスを目にしました。

  1. New W3C Standard Defines Way to Organize and Share XML Workflows

背景他まったく知りませんが、どうしても新たな標準を作ることが必要だったのでしょうか? 良く分かりません。 BPMN/BPELやXPDLなどこの世界の標準は既に幾つかあると思っていました。 よりベーシックな部分、よりWorkflow的部分、つまり他では出来ないことまでカバーしているのだろうと想像はしますが、これでまた相互変換の相手が増えたと喜んだり悲しんだりしている人もいるのではないかと思います。 どの程度支持を得て市場に広まるのか興味をもって見守りたいと思います。

XML Pipeline Languageについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中