Google I/Oについて

Google I/Oの初日の情報があふれています。

  1. Google I/O 2010 Celebrates the Web as the Platform of Choice for Software Development
  2. Official Google Blog: Google I/O 2010 Day 1: A more powerful web in more places
  3. Google Code Blog: Enabling Cloud Portability with Google App Engine for Business and VMware
  4. Cloud portability from Google and VMware
  5. Google Code Blog: Google Storage for Developers: A Preview
  6. Google I/O 2010: Keynote
  7. Google I/O 2010

VMwareというかSpringSourceとの連携というのが魅力的です。 Java開発者がこの新しい環境でどの程度Rooを使うのか興味があります。 二日目の朝に何かサプライズ発表が予定されているようですので、明日もこの話題でゆくことにします。

Google I/Oについて

XML Pipeline Languageについて

たまたまですが、W3Cの次のアナウンスを目にしました。

  1. New W3C Standard Defines Way to Organize and Share XML Workflows

背景他まったく知りませんが、どうしても新たな標準を作ることが必要だったのでしょうか? 良く分かりません。 BPMN/BPELやXPDLなどこの世界の標準は既に幾つかあると思っていました。 よりベーシックな部分、よりWorkflow的部分、つまり他では出来ないことまでカバーしているのだろうと想像はしますが、これでまた相互変換の相手が増えたと喜んだり悲しんだりしている人もいるのではないかと思います。 どの程度支持を得て市場に広まるのか興味をもって見守りたいと思います。

XML Pipeline Languageについて

Social Networking and SOAについて

ひさびさにDavid Linthicumさんのブログポストからです。

  1. Considering Social Networking and SOA

確かにTwitterのようなSocial Networkingサイトを眺める時間が増えており、Enterpriseシステムの立場からもこれらを利用することは可能でしょう。 分析等のために利用するのは良いと思いますが、マーケティングツールとして利用し狙い撃ちで発信されると、少しネガティブ側ですが普通の利用者としては「疲れそう」という気がします。 でもきっとこういうことをする人や会社が出てくるのでしょう。 「昔は良かった」と言いたくなりそうです。

Social Networking and SOAについて

Enterprise Architectureの未来について

ForresterのJeff Scottさんのブログポストの紹介になります。 顧客から依頼を受けEnterprise Architectureの将来はどのようになるか五つのシナリオを考えてみた、というものです。

  1. The Future Of EA

CIO的な役割の方向きの話題かもしれませんが、Enterprise Architectureという言葉をご存じの方にとっては興味深い内容となっています。 英語も比較的分かり易いものです。 さて、ここに書かれていることに皆さんは共感できるでしょうか?

Enterprise Architectureの未来について

Eclipse Labsについて

もうニュースとして広まっていると思いますが、Eclipse LabsというものがGoogle Codeの環境内に設けられています。

  1. Introducing Eclipse Labs

オフィシャルではないeclipseのプロジェクトを始める際にどこをホームベースにすべきか悩む場合が多かったと思いますが、有力な場が出来たことになります。 また単に利用参照するだけという立場の人にとっても、探検する価値のある場所が増えたことになりそうです。

Eclipse Labsについて

UML Forumについて

UML Forumというのはイベントの名前かと思っていたのですが、この名前を持ったサイトがあることを知りました。 一体いつから存在していたのか分かりません。 ひょっとするとホームページの模様替えで見たことのないサイトに見えているだけもしれません。

  1. UML Forum

何とも言えない部分もありますが、確かにUML関連情報が集められたサイトです。 BPMNとSysML関連情報へのリンクもあります。 どうせならSoaMLも入れて貰いたいものです。

UML Forumについて

Graph databaseについて(3)

Neo4jというJavaベースのオープンソースGraph DBを開発している方によるGraph DBの記事がInfoQに掲載されています。

  1. Graph Databases, NOSQL and Neo4j

実際に開発している方の書かれた解説ですのでとても分かり易い内容だと思います。 Neo4jは触れたことが無かったのですが、試したくなりました。 ただ例題として挙げられているソーシャルネットが、以前GMFで同様のエディタを作ったこともあるため(入門者レベルのものです)分かり易く感じてしまったのかもしれません。

大昔ですがACIDトランザクションの標準にかかわったことがありました。 あの頃もトランザクションのACID性を緩和するとどんな最適化につながるかという議論で盛り上がっていたことを記憶しています。 DBのスケーラビリティということに関連してその話が出てくるのは興味深いところです。

Graph databaseについて(3)