Event-Driven Architectureについて

Event Processing の話題を良く見かけるようになっています。 SOA 関連の話題とのセットで出てくることが多いのですが、殆どどんな環境でも Event の処理は必要になりますので、普遍性を持ったものだと思います。 特に Event Processing を中心にすえたものが Event-Driven Architecture というような名前で呼ばれています。 そのような議論の中で Brenda さんの2006年のブログポストが何度か引用されていますので紹介します。

  1. Event-Driven Architecture Overview

Event とは何かというあたりから始まってソフトウェアアーキテクチャ的な話題もカバーしていますので、基本的な理解を確認するという意味で改めて読み直す価値がありそうです。 なお当時から CEP という言葉が存在していたことが分かります。

Event-Driven Architectureについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中