Domain Specific Language(DSL)について(7)

Obeo 社の Jerome Benois さんのつぶやきにあったのですが、DSLというタイトルのスライドを slideshare.net に掲載したということです。 見てみるとフランス語版で、そのうち英語版にして Planet Eclipse に出すということのようです。

  1. DSL

このスライドのフランス語は単語レベルで英語と対応付けられる部分がかなりありますので、多分かなり読み取れる(想像がつく)と思います。 昔勉強した方も含め、たまにはフランス語もいかがですか?

ところで内容ですが、eclipseに関連したDSL(メイン)とMDD/MDSDプロジェクトについてです。

Domain Specific Language(DSL)について(7)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中