OpenStack.org: RackSpace Open Sources Their Cloud Services Platform, And Gets NASA On Boardについて

もともとは Jordi Cabot さんのつぶやきで聞こえてきた話ですが、TechCrunch の記事の紹介になります。

  1. OpenStack.org: RackSpace Open Sources Their Cloud Services Platform, And Gets NASA On Board

RackSpace と NASA (Nebula Cloud Platform) が協力してオープンソースにするようです。 詳しくは記事とこの OpenStack.org の FAQ 等をご参照ください。 日本企業も参加しているようですので、国内でクラウドプロバイダが増えるきっかけになるのかもしれません。

OpenStack.org: RackSpace Open Sources Their Cloud Services Platform, And Gets NASA On Boardについて

“BPMN 2.0 by Example”について

BPM Guide というドイツのサイトで “BPMN 2.0 by Example” というドキュメントを準備中で公開を考えているように書かれていました。 更に、その一部を先行して紹介するということで、下のようなポストがありました。

  1. BPMN 2.0 by Example: Incident Management

VIP 顧客から問い合わせがあった場合の対応についてのビジネスプロセスを少しずつ詳細化する形で BPMN 2.0 ダイアグラムで説明しています。 これだけでも分かり易い説明だと思いますので、最終的なドキュメントが公開されるのが楽しみです。

“BPMN 2.0 by Example”について

DEBS2010: the EPTS Reference Architecture tutorialについて

恒例になってきましたが、TIBCO社のPaul Vincentさんによるブログポストの紹介です。

  1. DEBS2010: the EPTS Reference Architecture tutorial

Distributed Event-Based Systems (DEBS)というカンファレンスでPaulさんはじめ3名でthe EPTS Event Processing Reference Architecture journey and developmentというTutorialを行われたそうです。 そしてその資料をSlideshareで公開したということです。

  1. Debs2010 tutorial on epts reference architecture

Event処理の参照モデルということですが、これまでもEventは各種アーキテクチャの中に埋め込まれる形で表れていましたので、違和感を感じるようなところは殆どないだろうと思います。良いTutorialだと思います。

DEBS2010: the EPTS Reference Architecture tutorialについて

App Inventor for Androidについて

MDD/MDSDの世界でも話題になっています。Android携帯用のアプリケーションを簡単に作成できるツールのようです。

  1. App Inventor for Android
  2. App Inventor for Android

Androidプラットフォーム向けのMDD/MDSDの試みはこれまでに幾つかありましたが、これはデモビデオを見る限りモデル変換やコード生成といった複雑な部分をユーザに見せないようにしています。ちなみに、教育現場で使われることを目的に開発されたようです。

備考)早速ITMedia NEWSやマイコミジャーナルに日本語記事が掲載されていました。

  1. Google、誰でもAndroidアプリを開発できるツール「App Inventor」
  2. 知識不要、誰でもAndroidアプリを作成できる「Google App Inventor」
App Inventor for Androidについて

Architecture Strategies and Principlesについて

今回もInfoQの記事の紹介です。

  1. Architecture Strategies and Principles

Enterprise Architecture をメインに据えたビジネスとITの協調連携に関する内容です。 最近Enterprise Architectureという言葉を聞くことが少なくなりましたが、その価値や利用方法が充分認識されていないためかもしれません。

Architecture Strategies and Principlesについて