The Rules of BPMNについて

Bruce SilverさんのBPMS Watchに掲載されたポストの紹介です。

  1. The Rules of BPMN

BPMN標準で規定されている規則と彼の本(BPMN Method & Style)にある規則をまとめてリスト形式にしています。 これまでBPMNダイアグラムを書かれたことのある方は、このチェックリストに照らしてみてはどうでしょうか。

The Rules of BPMNについて

Who in the World is Using BPM?について

BPTrends の記事の紹介です。

  1. Who in the World is Using BPM?

これは本当でしょうか? 「これ」というのは日本の数字の低さのことです。 これが本当なら、我が国の企業はBPM利用において欧米に大きく水をあけられていることになります。 それとも、アンケートに答えなかった人・企業が殆どということなのでしょうか。 戦略的な企業経営やオペレーションを目指せば、何らかの形で実践していることだと思うのですが。

Who in the World is Using BPM?について

The Seven Types of Presentation to Avoidについて

Brenda さんは SOA/EA/Event/Cloud Computing など相変わらず多くのつぶやきを投ていますが、時々下のようなブログポストの RT もあります。

  1. The Seven Types of Presentation to Avoid

実は明日ちょっとしたプレゼンをやるのですが、これを読んで余り細かい(「くどい」かもしれない)説明はやめることにしました。 Good Timing でした。

The Seven Types of Presentation to Avoidについて

Update on SQL Server Modeling CTP (Repository/Modeling Services, “Quadrant” and “M”)について

SOA は死んだと言う言葉で有名な Anne Thomas Manes さんのつぶやきに以下へのポインタが含まれていました。

  1. Update on SQL Server Modeling CTP (Repository/Modeling Services, “Quadrant” and “M”)

カスタマーからのフィードバックに耳を傾けた結果、方向転換をすることになったようです。 歓迎すべきニュースではありますが、まだまだ最終形が見えませんので「今後も継続して動向を見守る」しかなさそうです。

Update on SQL Server Modeling CTP (Repository/Modeling Services, “Quadrant” and “M”)について

OMG Decision Model Notation updateについて

TIBCO 社の Paul Vincent さんが今週のOMG会議での模様の一部を伝えるブログポストを書かれています。

  1. OMG Decision Model Notation update

CEP や ルールエンジンなどの分野で長く活動されているだけでなく、この Business Modeling and Integration (BMI) DTF でも常連ですので、他のBMI分野の標準をあげてその関連に言及している部分が参考になると思います。 こういった領域で仕事をするのは中々難しいと思いますが、国内でもそろそろこれらの価値そして活用に気がつく人・会社が出てきそうな気がします。

OMG Decision Model Notation updateについて

MDE=Model Driven Everythingについて

Jordi Cabot さんによる MDE 関連のプレゼンテーションで、スペインで 2009 年にあった eclipse day でのもののようです。

  1. MDE=Model Driven Everything (Spanish Eclipse Day 2009)

この内容は実質的にフランスでの(アカデミックサイドの)MDE関連研究活動を紹介するものですが、かなり広い領域に渡っています。 eclipse modeling 関連ではドイツとフランスがリードしていますが、ここにあるのはフランスでの研究対象です。

先日 Eclipse DemoCamp/Tokyo が開催されましたが、国内でももっとこのような領域に関心を持ち実際に活動する人が増えることを期待しています。 もちろん、学術分野では NII GRACE センターでの立派な活動はありますが、もっと草の根的な活動を広げる必要があると思っています。

MDE=Model Driven Everythingについて

Model-Driven Development: Where are the Successes?について

InfoQの記事の紹介です。

  1. Model-Driven Development: Where are the Successes?

このブログでも中心的な話題の一つになる「モデル駆動開発・エンジニアリング」について、その現実を冷静に見つめた記事だと思います。 成功するところでは成功しているのですが、成功例の絶対数が少ないというのも事実で、何が問題なのかということを問いかけています。 きっと、この記事へのコメントが幾つも出されるとは思いますが、肯定派も否定派も極端な意見が多いこともあり、こういった冷静な問題提起は貴重だと思います。 この議論がどのように展開するのか、注目したいと思います。

Model-Driven Development: Where are the Successes?について

The 2010 Enterprise Architecture Awardsについて

InfoWorld と Forrester Research が共同でEnterprise Architecture の賞を発表しました。

  1. The 2010 Enterprise Architecture Awards

五つの EA 成功事例を選出し、その理由と共に表彰するという形です。 一口に EA と言っても範囲が広いため、どんな領域に焦点を絞って適用したかに注目して判定したようです。 EA 自体は敬遠される方でも、どこにポイントを置いたかという点については関心を持たれるのではないでしょうか。 英文ですが、そのあたりを拾い読みすることで、Enterprise Architect でない普通の人にとっても参考になるかもしれません。

The 2010 Enterprise Architecture Awardsについて

EMF Facet (a UML profile-like mechanism for EMF?)について

Jordi Cabotさんのブログポストにありました EMF Facet なるプロジェクトについてです。

  1. EMF Facet (a UML profile-like mechanism for EMF?)

プロジェクトは認められて動き出したようですが、説明としてはプロジェクト提案のページの方が詳しく書かれているようです。

  1. EMF Facet

Eclipse Modeling Project の活動のなかで EMF を拡張したいというケースがあり、そのために UML Profile に近い拡張メカニズムを考えているようです。 実際にどの程度需要があり、拡張した場合にデータの互換性などの問題が出てこないのか気にはなりますが、興味深い試みではあります。 気にしておくプロジェクトが一つ増えてしまいました。

EMF Facet (a UML profile-like mechanism for EMF?)について