Writing Domain Specific Languages (DSLs) using Groovyについて

Paul KingさんがSlideshareに公開されているスライドの紹介です。先月のJavaOneで講演された時の資料のようです。

  1. Writing Domain Specific Languages (DSLs) using Groovy

SuperJava とも言える Groovy 言語でDSLを作成するというスライドですが、最初の部分はDSLの紹介になっています。途中からGroovyでのDSL作成の話になる152枚もの大作スライドです。プログラミング言語に近いDSL(Internal DSL)作成の一例として参考になると思います。

Writing Domain Specific Languages (DSLs) using Groovyについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中