Online IDEsについて(2)

VMware社の次のプレスリリースが目を引きました。

  1. VMware Brings the Cloud to Developers with Code2Cloud Application Lifecycle Tools

実際に出てこないと分かりませんが、クラウド上のソフトウェア開発環境に近づいていると思います。 STS は実行環境寄りの IDE ですので、同じ eclipse のモデリング系各種ツールも統合してくれると嬉しいのですが。 出てくるのは来年とありますので、少しだけ期待して待ちたいと思います。

ところで、Force.com 他のクラウドをプラットフォームとするアプリケーション開発環境でサポートしているアプリケーションモデルですが、今のところ Entity モデル+ロジックという形が主流だと思います。 Web Service の作成や利用も含まれることがありますが、ビジネスモデリング(BMM、BPM、ビジネスルール他)やエンタプライズアーキテクチャから連続的につながってゆく仕組みも欲しいですね。

Online IDEsについて(2)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中