UMLモデルのシミュレーションについて

Ed Seidewitz  さんのつぶやきにあったのですが、OMG の fUML 仕様に基づくと思われる UML モデルのシミュレーション機能の実装が始まっているようです。 元々は Ed Seidewitz  さんの所属する会社が中心となり仕様提案と共にオープンソース実装の提供をしていたのですが、UML ツールベンダもこの機能の実装を始めたということのようです。

  1. MagicDraw – The Cameo Simulation Toolkit
  2. Rational Software Architect 8.0 – What’s new

2社が手を付けたということは、後に続くツールもありそうです。 組み込み系などではシミュレーションは MUST HAVE 機能のようですので、そちらを向いたということかもしれません。

UMLモデルのシミュレーションについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中