BPMNについて

BPMN 2.0は現時点でまだベータ仕様です(http://www.bpmn.org/)。オープンソースも含め多くのツールがサポートする(しつつある)と思いますが、ここにきて見方を変えた意見がいろいろ紹介されています。

例えば BPTrends の記事に Workflow の専門家の Alec Sharp さんによる次のような意見があります。

  1. Weighing in on BPMN – What it’s Good for, What it’s Not

また Business Modeling/Event Processing 側から Paul Vincent さんの次のような意見があります。

  1. Do Businesses need 63 different types of event?

ビジネスユーザが BPMN の数多く用意している部品を使いこなせるかという点については「確かに」と思うところもありますが、少数ながら使いこなす方もおられそうだとも思います。大多数のビジネスユーザをターゲットとして考えるなら、ある程度の基本サブセットのような範囲を用意(プロファイリング)すれば良さそうに思えます。

BPMNについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中