Interpreting technology adoption curvesについて

Jean Bezivin 先生のブログに面白いものがありました。

  1. Interpreting technology adoption curves

Google Ngramというツールを使い、Object Oriented と Model Driven が本の世界で1980年代から現在までどの程度取り上げられているかというグラフです。 Ngramというツールの説明は次のようになっています(http://www.googlelabs.com/)。

“See how often phrases have occurred in the world’s books over the years.”

そこでちょっと悪乗りをして検索の言葉を追加してみました。 その結果が以下です。

  1. Object Oriented,Model Driven,Service Oriented,Enterprise Architecture

OO のカーブが下降し始めた後に残りが何となく相関があるように連動して立ち上がっています。 統計のトリックなのかもしれませんが、EAまで連動しているのが面白いと思います。

Interpreting technology adoption curvesについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中