Why there is no future for Model Driven Developmentについて

Johan den Haan さんのブログポストの紹介です。 講演のビデオとスライドも含まれています。 大きな「但し書き」になりますが、タイトルだけで判断して MDD は駄目と言っていると思わないで下さい。

  1. Why there is no future for Model Driven Development

いろいろな所で聞く話ですが、ソフトウェアシステムの Total Cost of Ownership に占めるソフトウェアの開発費用は1割以下で、大半は維持管理・メンテナンスにかかると言われています。 MDD の適用で開発フェーズを早く済ますことが出来るかもしれませんが、その後の拡張や見直しといったメンテナンスフェーズでは余り力を発揮してくれません。 90%を超えるその部分にこそ Model Driven の技術を使うべきだと言う主張(もっとありますが上の URL をご覧ください)です。

Why there is no future for Model Driven Developmentについて

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中