How to build good graphical DSLs

MetaCase 社 Steven Kelly さんのブログポストの紹介です。

Graphical DSLs と Textual DSLs を比較する際などに、どうしても要素数が大きくなった場合のことが気になります。 このブログで Steven Kelly さんが紹介されているペーパー(The Physics of Notations)はこれまで知らなかったのですが、とても深い分析がされており、私も含めこのあたりが気になっている人の参考になると思います(もちろん、引用されているペーパーだけでなくブログポスト内容もです)。

  1. How to build good graphical DSLs.
How to build good graphical DSLs

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中