Gartner Says By 2016, 30 Percent of Enterprise Architecture Efforts Will Be Supported as a Collaboration Between Business and IT

日本でもこのような方向に動いて欲しいものです。 いえ、もっと先を行っても構いません。

  1. Gartner Says By 2016, 30 Percent of Enterprise Architecture Efforts Will Be Supported as a Collaboration Between Business and IT.
Gartner Says By 2016, 30 Percent of Enterprise Architecture Efforts Will Be Supported as a Collaboration Between Business and IT

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

Markus Voelter さんが昨日つぶやいていた話が早速 InfoQ の記事になっていました。 MDD や DSL に関する見解をまとめたペーパーを書いて2.5年程経過するため、中身を現状にあうように更新したということでした。

  1. InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

この世界に関心をお持ちの方は是非オリジナルのペーパーをご覧ください。

InfoQ: Model Driven Development and Domain Specific Language Best Practices

Programming in UML: An Introduction to fUML and Alf

Ed Seidewitz さんによる Executable UML のチュートリアルスライド(先週のもの)の紹介です。 UML ベースでここまでくると、Textual DSL で Expression を含むものにとても近く感じます。 改めて UML を見直す人が出てきておかしくないと思います。 fUML と Alf に注目です。 ただ少し気になるのが XMI です。

  1. Programming in UML: An Introduction to fUML and Alf
Programming in UML: An Introduction to fUML and Alf

Posts from EclipseCon 2011

主に Planet Eclipse からですが、EclipseCon 2011 関連のポストが沢山あります。 そのうち本家 EclipseCon のどこかのページに追加されるのかもしれませんが、見つけたものを順不同で並べておきます。 (No specific order) Planet Eclipse もご覧下さい。

Posts from EclipseCon 2011

InfoQ: Textual Modeling Tools: Overview and Penalty Shoot-out

InfoQ: Textual Modeling Tools: Overview and Penalty Shoot-out

テキスト型のDSL Language Workbench を実際に使い比較評価したという講演ビデオとスライドの紹介です。 以下について語っています。

  • Xtext
  • TEF (Textual Editing Framework)
  • TCS (Textual Concrete Syntax)
  • EMFText
  • JetBrains MPS

 

InfoQ: Textual Modeling Tools: Overview and Penalty Shoot-out

IDE on the cloudについて

IDE についての記事2件の紹介です。 一つ目はCloud IDEという名前のもので、二つ目はeclipseのOrionです。

  1. Cloud IDE for Java Launched by eXo
  2. Moving Software Development to the Web with Eclipse Orion

この分野はまだいろいろな試みを行っている段階で、どういう手法が有効なのかまだ見えていないような気がしています。 いずれにせよ、両方とも興味深いプロジェクトです。

IDE on the cloudについて

この震災について

今頃と言われるかもしれませんが、東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。 失った命の数に言葉もありません。 被災された方々は是非とも生き抜いてもらいたいと思います。 被害の少なかった人は力をあわせて支援しましょう。

この震災について