Language Workbench Competition 2011について

明日から3日間開催される

  1. Code Generation 2011

というイベントの中で Language Workbench の競演があります。

  1. Language Workbench Competition 2011
ここでは同じ課題に対して幾つもある Language Workbench (例えばXtext, MPS, MetaEdit+, Spoofaxなど)が我々ならこのように扱う、というものを出して競い合うものです。 日本でどれだけの方が興味を持たれているか分かりませんが、具体的な解決方法が示されていて個人的にはとても興味深いサイトになっています。
Language Workbench Competition 2011について

Language Workbench Competition 2011について」への1件のフィードバック

  1. rmodp より:

    この話題に関心をお持ちの皆さん

    Twitter で #lwc11 を検索してください。 たっぷり状況が語られています。 昨年は Spoofax がヒットだったらしいのですが、今年のヒットは Rascal と Whole のようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中